育毛剤

育毛案内所公式ブログ

リアップの育毛効果を徹底検証|リアップで発毛が期待できるのか?

91+1.jpg

発毛に有効な成分ミノキシジル配合の「リアップ」発毛、脱毛予防に効果があると有名な育毛剤の本当の効果とは!?
リアップは、ミノキシジルを育毛に有効な成分として使用している、大正製薬の有名な育毛剤ですよね。
既に進行している脱毛症状の悪化を食い止めて、発毛を促す効果が期待できると言われています。
実際に約1年にもわたる長期投与実験も行っているようですね。
被験者による評価だけではなく、医師による評価もまとめたようです。
被験者による評価としては、1日2回の使用を続けたところ、1年で9割上の方が発毛効果を実感したようです。
医師による評価では、半年程で9割以上の方に、少しでも発毛効果が実感できたとしています。
まずは、半年を目標に継続してみるのが良いかも知れませんね。
 
リアップには、髪の毛の本数など、具体的な数値に関するデータもある?
発毛効果には、被験者や医師の評価では分からない部分もありますよね。
もっとも客観的なデータとしては、具体的な数値によるデータが参考になるかも知れません。
実は、リアップには、髪の毛の本数に関するデータもあります。
1平方センチメートル辺りの総毛髪数の変化に関するデータは、承認申請の際にも使用しているようです。
1ヶ月後に1.4本だった髪の毛が、2ヶ月後には19本、3ヶ月後には23.7本まで増えていました。
数ヶ月の間に20倍以上も髪の毛の本数が増えています。
さらに、40μm以上の太さの髪の毛の数を調べたところ、1ヶ月後に0.8本だったのが、2ヶ月後に15.3本、3ヶ月後に23.9本にまで増えています。
 
面倒臭がってはいけない?1日に2回コツコツと使用することが大事!
リアップは、臨床試験で高い発毛効果が期待できることは証明されています。
でも、その効果に安心して、ただ使用するだけではいけないのです。
1日2回を毎日継続して使用することが、大きな発毛効果に繋がるのです。
臨床試験では、被験者は1日に2回リアップを使用していたようです。
夜はゆったりと時間を取れても、特に朝はちょっとしたケアでも面倒に感じやすいものですよね。
だからと言って、朝のケアをさぼってしまうと、効果はかなり落ちてしまうかも知れません。
取り敢えずは半年とゴールを決めれば、比較的取り組みやすくなるのではないでしょうか。
 
リアップは、なぜ1日に2回で効果が期待できる?
「1日に2回を毎日」と言われても、理由がはっきりしないと、なかなか実践しにくいものですよね。
リアップを1日に2回使用するのは、ミノキシジルの有効濃度を保つためなのです。
毛包周辺でミノキシジルが有効濃度に保たれていると、リアップが発毛効果を発揮しやすいのです。
朝と夜に使用すれば、毎回同じ間隔の時間でミノキシジルの濃度を安定化することが出来ます。
つまり、「朝のケアはせずに、夜に2倍のケアをする。」と言うのではいけないのです。
1日2回と同じくらいの効果どころか、副作用の原因となってしまう可能性もあります。
 

プロペシアは生え際にも効果が期待できる信頼性の高いAGA治療薬

90+1.jpg

生え際の薄毛にプロペシア!プロペシアを使用することで生え際の発毛が十分期待できる理由!
薄毛の中でも、多くの方が悩みとする生え際の薄毛に効果的な育毛剤は数少ないようですね。
有名な育毛剤であるミノキシジルは、頭頂部の薄毛には効果が期待できても、生え際の薄毛には効果が期待できないと言われています。
ところが、同じように有名なプロペシアは、頭頂部だけではなく、生え際の薄毛にも効果が期待できると言われています。
プロペシアは、主に脱毛症状を進行させる男性ホルモンの働きを抑える効果を発揮します。
何度も髪の毛を再生するうちに、だんだんとコシとハリのある髪の毛に生え変わっていきます。
継続して服用しているうちに、抜けにくい髪の毛に変わっていくのです。
 
プロペシアは、初期脱毛が発毛サイクルを整えている証拠?つまり、初期脱毛は効いていると言うこと!
薄毛の中でも、生え際は髪型によっては、かなり目立ちますよね。
実は、プロペシアには、服用を始めてから1ヶ月後くらいに、初期脱毛と言う脱毛症状が起こるのです。
この症状が起こらない方もいるのですが、起こる方が多いです。
でも、初期脱毛は、発毛サイクルを整えるために起こるものなんです。
だからこそ、起こらないと、逆にプロペシアが効いていない可能性があります。
ただ、目立つ部分である生え際の脱毛症状は、きついですよね。
結局、一時期の脱毛症状を乗り越えて発毛効果を手にするか、脱毛症状を拒否していつまでも発毛できずにいるかの選択ですね。
 
プロペシアは、薄毛に気付いたら早めに使用を決断した方が良い?
薄毛に気付いたら、早期対策は当然ですが、ちょっとのことでは、「まだ大丈夫か。」と思ってしまいますよね。
でも、生え際の薄毛に効く育毛剤は少ないのです。
出来れば、「はげ始めそう?」くらいの早めの段階で対処しておいた方が、発毛効果が実感しやすいものです。
髪の毛が薄くなっていくにも、ある程度の期間がかかっています。
なので、逆に薄毛を改善するにも、同じくらいの期間がかかってしまう可能性があります。
育毛対策を早めに行った人の場合は、「半年くらいで改善した。」とか「薄毛の進行を止められた。」と言う方が多いようです。
 
プロペシアが生え際に効かないと言う説も?これは本当?
実は、「プロペシアは生え際に効かない。」なんて言う口コミもあるのです。
確かに、生え際は、なぜか頭頂部よりも効きにくい育毛剤が多いですよね。
プロペシアが効いていないと言う方は、もしかしたら男性ホルモンが関係していない薄毛の可能性があります。
血行不良、栄養不足、ストレスなど、他に思い当たる原因を探してみましょう。
あるいは、対処するのが遅く、なかなか発毛効果が実感しにくい可能性もあります。
もし男性ホルモンとは関係ない薄毛だとしたら、他の対策が必要です。
かなり薄毛が進行してからの対処だとすれば、もう少し気長に効果を待った方が良いのかも知れませんね。

プロペシアの飲み方|服用前に知っておくべき大切なこと

89+1.jpg

発毛効果を期待するなら飲み方が重要!「プロペシア」知っておくべき正しい飲み方
プロペシアは、基本的には1日1錠飲めば良い薬です。
でも、発毛効果を確実性の高いものにするのなら、効果を安定性の高いものにした方が良いでしょう。
そのための飲み方としては、毎日服用時間を決めることをお勧めします。
飲む時間が日によってバラバラだと、有効成分であるフィナステリドの血液中の濃度もばらばらになってしまいます。
時間が空いてしまえば、濃度が薄くなります。
翌日の服用時間との間隔が狭ければ、濃度が濃くなってしまいます。
プロペシアを飲む時間は、出来ればゆとりがある時間帯がお勧めです。
朝のバタバタしている時間だと、忘れてしまう可能性もあるので。
 
プロペシアは、アルコールを摂取しても問題ない。でも、やはり肝臓への負担は最小限に!
プロペシアを摂取する時には、アルコールを摂取しても問題がないようです。
とは言え、どちらも肝臓で分解されるものです。
プロペシアは、毎日継続して服用しなければならないものです。
プロペシアの副作用には、肝機能障害の可能性が指摘されることもあるくらいです。
毎日服用を続けているうちに、何らかの副作用があると、発毛効果どころではなくなってしまいますよね。
なので、良い飲み方としては、やはりプロペシア以外のことでの肝臓への負担は、最小限に抑えるのが良いでしょう。
アルコールは、出来るだけ控えめにしましょう。
もしアルコールを摂取する場合には、プロペシアの摂取からは時間を置くことをお勧めします。
 
プロペシアは、たくさん飲めば発毛効果が期待できると言う訳ではない?
プロペシアの正しい飲み方は、1日に1錠服用することです。
これよりも大量に服用したからと言って、劇的な発毛効果が実感できるとは限りません。
それどころか、重大な副作用に繋がる可能性があります。
ちなみに、プロペシアは、男性ホルモンの働きを抑制する育毛剤です。
性機能低下と言う副作用の可能性も指摘されています。
正しい飲み方を心掛けていても、副作用の可能性はあります。
なので、誤った飲み方では、尚更副作用のリスクが高くなるでしょう。
特に子作りを望む方は、自身の問題だけではなく、奥さんやお子さんの問題にまでなってしまう可能性もあるので、必ず用量は守りましょう。
 
ミノキシジルとの併用は、2種類の角度から発毛効果が期待できる?
プロペシアは、ミノキシジルと併用する飲み方を実践する方も多いものです。
2種類の育毛剤の併用で、プロペシアの男性ホルモンに対する効果と、ミノキシジルの血行を改善して栄養を頭皮に補給する効果が期待できるんですね。
ただ、プロペシアもミノキシジルも経口薬と言うのは、2種類の薬の副作用をまともに受けそうで怖いですよね。
2種類の角度から発毛効果が期待できる代わりに、2種類の副作用の心配があるのです。
こんな時には、塗るタイプのミノキシジルを利用すれば、併用も安心かも知れませんね。
プロペシアを割って量を調整しながら、賢く併用するのも良いでしょう。
 

発毛効果がもっとも高いプロペシアとミノキシジルの併用法

88+1.jpg

プロペシアとミノキシジルの併用法がもっとも効果的!効果の異なる2つのAGA治療薬の組み合わせ!
AGA治療薬として、プロペシアとミノキシジルの2つの育毛剤はとても有名ですよね。
この2つの育毛剤は、それぞれ頭皮に対して違う効果を発揮します。
だからこそ、2つの育毛剤を併用している方もいるのです。
一般的には、育毛剤は半年くらい使用するのが良いと言われています。
でも、プロペシアとミノキシジルの組み合わせで、2~3年くらいAGA対策を続けている方も結構いるようですね。
口コミをチェックしてみると、半年くらいで効果が実感できる方が多いようです。
「満足がいくまで!」と思うと、やはりこれくらいの期間の服用は必要なのかも知れませんね。
 
プロペシアとミノキシジルの効果は、具体的にはどのように違うの?
プロペシアとミノキシジルの効果は、全く違います。
プロペシアでは、脱毛症状を進行させる男性ホルモンの生成を抑制する効果が期待できます。
ミノキシジルでは、血管を拡張させて血行を促進することで、頭皮に必要な栄養をスムーズに運搬する効果が期待できます。
プロペシアは、主に脱毛症状を予防します。
ミノキシジルは、主に育毛を促進します。
2つの異なる育毛剤を使用することで、異なる育毛効果を実感することが出来ます。
薄毛の症状は、1つの原因だけではなく、複数の原因が複雑に絡み合っていることがあります。
こんな薄毛こそ、プロペシアとミノキシジルの併用が有効です。
 
プロペシアとミノキシジルを併用して起こり得る副作用のリスクは?
プロペシアは、男性ホルモンを抑制する効果がある育毛剤なので、性機能低下が副作用として考えられます。
肝機能障害や胃の不快感などの副作用も言われていますが、あくまでも口コミレベルでしか言われていません。
ミノキシジルは、低血圧、心臓や脈などの不調、頭痛、むくみ、かゆみなど色々な副作用が報告されています。
プロペシアとミノキシジルの2つの育毛剤を併用するなら、せめてミノキシジルは塗るタイプの育毛剤で使用する方が安心かも知れませんね。
体内に摂取するタイプのものだと、頭皮だけではなく、他の部分にも悪影響が及んでしまう可能性があります。
 
プロペシアとミノキシジルを効率良く手に入れるためには?
プロペシアとミノキシジルを効率良く手に入れるためには、まずは、個人輸入代行業者の製品一覧をチェックしてみてはいかがでしょうか。
プロペシア、ミノキシジルを単品で購入できるページだけではなく、両方をセットで購入できるページを用意している業者もあります。
ただ、プロペシアもミノキシジルも、刺激の強い薬です。
2つの育毛剤を併用するにも、副作用などの不安もありますよね。
本当に効果が期待できるかと言うのもあるでしょう。
こんな時には、費用がかかっても、医師の診察を受けることをお勧めします。
もしかしたら、併用を考えなくても1つの育毛剤で十分な効果が実感できるかも知れません。

薄毛対策に効果的!育毛効果の期待できるサプリメント

87+1.jpg

薄毛対策に効果的なサプリメント!飲む前に知っておくべき種類と効果
薄毛対策には、飲む育毛剤、塗るタイプの育毛剤だけではなく、サプリメントも人気があるようですね。
サプリメントは医薬品とは違って、健康補助食品としての位置づけです。
医薬品の育毛剤よりも、作用は弱いかも知れません。
でも、逆にその分副作用のリスクが少ない点で、利用しやすいでしょうね。
サプリメントに期待できる主な効果は、頭皮環境を改善するための栄養バランスを整えることです。
食生活で不十分な部分をサプリメントで補うと考えた方が良いでしょう。
とは言っても、海外では医薬品として扱われるような強い成分が使われているものもあるので、油断は禁物です。
 
ノコギリヤシと亜鉛が特に人気のある薄毛対策サプリメントの成分!
薄毛対策サプリメントの中でも、特に人気のある成分がノコギリヤシと亜鉛です。
ノコギリヤシは、「5αリダクターゼ」と言う酵素の作用を邪魔することで、男性ホルモンを「DHT(ジヒドロテストステロン)」と言う脱毛症状を進行させるホルモンに変換されるのを阻止してくれます。
プロペシアと似たような作用ですよね。
それから、亜鉛は、抗アンドロゲン物質として、ノコギリヤシと同じように5αリダクターゼの働きを阻害してくれます。
特にAGAのような男性ホルモンの働きが原因となる薄毛の場合には、ノコギリヤシや亜鉛の含まれているサプリメントがお勧めです。
 
薄毛対策のサプリメントで使われているミレットエキスとは?
薄毛対策のためのサプリメントには、ミレットエキスが含まれているものも多いです。
ミレットエキスの名前自体、馴染みがないかも知れません。
こんなミレットエキスは、キビから抽出したエキスです。
ミレットエキスには、タンパク質やケイ素、アミノ酸などの育毛に必要な栄養が豊富に含まれています。
だからこそ、髪の毛や頭皮を健康的に保つのに役立つのです。
それから、ミレットエキスには、血行を促進する効果のあるローズマリーが含まれています。
頭皮に必要な栄養を血液によって運びやすくする効果が期待できます。
育毛に必要な栄養と同時に、それを頭皮に届ける効果が期待できるのは、お手軽なサプリメントですよね。
 
薄毛対策に効果的!女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンとは?
薄毛対策のサプリメントに含まれている成分の中でも、イソフラボンは多くの方にとって馴染み深い成分ですよね。
この成分は、女性ホルモンに似た働きをするものです。
大豆の胚芽に含まれるポリフェノールで、抗酸化作用で老化を防止する効果も期待できます。
実は、イソフラボンには、髪の毛の生成を促進するCGRPと言う成分の生成を促進する効果も期待できます。
なので、イソフラボンと同時に、血行を促進する成分の含まれているサプリメントがお勧めです。
摂取した栄養は血液によって体の各部に運ばれるので、血行を良くすることで、イソフラボンを育毛に必要な部分にスムーズに運搬する効果も期待できます。
 

プロペシアによる育毛は反対です

副作用のない育毛剤

プロペシアの効果と副作用の危険性をご存じですか?
プロペシアの服用はその効果より副作が上回ってしまいます。だから続けるべきものではありません。 私が正しい育毛法をご紹介します。

副作用のない育毛法