育毛剤

育毛案内所公式ブログ

ミノタブの適切な摂取量は?副作用を受けないための正しい摂取量!

106+1.jpg

ミノタブの適切な摂取量!服用方法を誤ると副作用が怖い!?ミノタブの摂取量と副作用の関係!
ミノタブには、「これ以内の摂取量にしておきましょう。」と言うデータが少ないものです。
色々な濃度のミノタブが存在するものの、1日10mgまでにしておくのが良いでしょう。
ミノタブには、2.5mg、5mg、10mgの他に、実は、15mgと言う高濃度のものもあるようですね。
さすがに、ここまで高濃度のものは、副作用のリスクが高まります。
1日に10mgだとしても、一度に10mgを摂取するのではなく、1日に2回に分けて飲むのが良いでしょう。
朝と夜に分けて飲むのが、もっとも血液中のミノキシジル濃度を安定的に保ちやすいです。
 
ミノタブは、発毛効果ではなく、体調に合わせて調整すべき!
ミノタブの摂取量は、決して大量なほど良い訳ではありません。
ミノキシジルは、血管を拡張する作用があるので、たくさん摂取するほど心臓や血管に負担をかけると言う、副作用のリスクを伴います。
最初のうちは、人によっては、動悸やむくみ、肝機能低下などの症状が気になることもあるようです。
血圧を下げること、肝臓で代謝されることから、体の色々な機能に支障を来すことがあります。
なので、慣れるまでは、2.5mgや5mgの低濃度から服用を始めるのがお勧めです。
また、気になる副作用の症状があれば、早めに医師に診てもらうと安心です。
 
ミノタブは、臨床実験で死者もいるって本当?
ミノタブは、育毛剤だと思って馬鹿にしてはいけません。
実は、ミノタブの臨床実験で死者もいたと言う噂もあるようです。
育毛対策とは言えども、さすがに死を覚悟で実践することは、ほとんどの方が考えてはいないでしょう。
なので、摂取量は、決して侮ってはいけません。
軽い気持ちで高濃度のものを摂取したり、大量に摂取したりすることが、重大な副作用の症状に繋がるかも知れません。
適切な摂取量を心掛けている方でも、副作用を感じることはあるのです。
副作用の感じ方には個人差があるとは言え、高濃度のミノキシジルを摂取した人の方が、断然リスクは高いでしょう。
 
ミノタブを適切な摂取量にしても十分な効果が実感できなかったら?
ミノタブを適切な摂取量にしても、十分な効果が実感できないとしたら、育毛のために他に足りないものがあることを考えるべきです。
ミノタブは、血行を促進して頭皮に栄養を届ける育毛剤です。
もしかしたら、これ以外の効果を発揮する育毛剤を利用すれば、十分な効果が実感できる可能性があります。
例えば、男性ホルモンを抑制する効果が期待できる、プロペシアのような育毛剤を利用してみてはいかがでしょうか。
薄毛の原因は、血行不良だけではなく、男性ホルモンが関係しているものもあるのです。
ミノタブを大量に摂取することではなく、他の薄毛の原因にも目を向けてみましょう。
 

プロペシアによる育毛は反対です

副作用のない育毛剤

プロペシアの効果と副作用の危険性をご存じですか?
プロペシアの服用はその効果より副作が上回ってしまいます。だから続けるべきものではありません。 私が正しい育毛法をご紹介します。

副作用のない育毛法