育毛剤

育毛案内所公式ブログ

ミノタブを長期間使用している人の耐性を防ぐ方法をご紹介

105+1.jpg

ミノタブ服用前に知っておきたい耐性を防ぐために大切なこと。
ミノタブを長期間服用していると、耐性の可能性があることを忘れてはいけません。
実際に、「暫く服用を続けていたら、効果がなくなってきた。」と言う方もいるようです。
こんな耐性と言うのは、具体的には、どのようなことを言うのか知っていますか。
医薬品を継続して使用することで体が慣れてしまい、本来求めていた効果が実感できなくなってしまうことです。
でも、「ミノキシジルには、耐性は無い。」と言う説もあります。
人によって、耐性を感じやすい体質かどうかもあるのかも知れませんね。
あるいは、耐性を感じやすい年数もあるのかも知れません。
 
ミノタブの耐性は、5年では起こらない?
実際に5年ミノタブを使用している方の口コミでは、「今の所、耐性はありません。」というコメントがありました。
耐性があるかどうかは、人によっても違うのかも知れません。
また、耐性は、捉え方にもよりますよね。
耐性ではない脱毛症状を、耐性だと思い込んでいることもあり得ます。
例えば、抜け毛の症状に関して言えば、抜け毛の増えやすい時期もありますよね。
季節の変わり目とか紫外線のダメージを受けやすい時期とかは、抜け毛が多くなりやすい時期です。
「耐性かも知れない。」と思う症状があれば、その症状について追及してみる必要があります。
 
ミノタブは、初めから量を調整して飲むと耐性が起こりにくい?
ミノタブは、初めから量を調整して飲むと、耐性を感じにくいと言われています。
ミノタブには、色々な濃度のものがあります。
まずは、低めの濃度から挑戦してみます。
そして、毎日ミノタブを飲むタイミングは、きちんと決めておきましょう。
1日に2回、朝と夜に飲むようにすれば良いのです。
朝と夜なら、毎回同じだけの時間を開けて、ミノタブを飲むことが出来ます。
なので、ある時は血中濃度が濃すぎたり、またある時は薄すぎたりなどと言うことはありません。
常に安定したミノキシジルの血中濃度を保つことが出来ます。
耐性以外に、服用を忘れにくいのも良いですよね。
 
耐性を感じた時用に、ミノタブ以外の育毛対策も用意しておくべき?
耐性を感じた時のために、ミノタブ以外の育毛対策を考えておくことをお勧めします。
生活習慣や食生活に気を付けることのような、日常生活上の育毛対策でも良いのです。
もちろん、他に候補の育毛剤を見付けておくのも良いでしょう。
ただ、ミノタブが強い作用の薬なだけに、もう一つの育毛対策は、出来るだけ刺激の弱い対策が良いでしょう。
頭皮に塗るタイプの育毛剤を利用してみてはいかがでしょうか。
そして、もしミノタブで耐性を感じた時には、一時的にその方法に逃げるのです。
これなら、ミノタブが効かないからと言って、育毛対策がストップすることは無くなりますよね。
 

プロペシアによる育毛は反対です

副作用のない育毛剤

プロペシアの効果と副作用の危険性をご存じですか?
プロペシアの服用はその効果より副作が上回ってしまいます。だから続けるべきものではありません。 私が正しい育毛法をご紹介します。

副作用のない育毛法