育毛剤

育毛案内所公式ブログ

プロペシアを超えると噂の育毛剤「ミノタブ」の危険な副作用!

101+1.jpg

もっとも効果が期待できる「ミノタブ」使う前に知っておくべき「ミノタブ」の副作用とデメリットとは!?
ミノタブは、ミノキシジルを育毛成分とした錠剤タイプの育毛剤です。
元々は血圧を下げる治療薬として使われていたものなので、副作用がない訳がありません。
やはり低血圧になってしまう恐れがあるようです。
「低血圧なら良い。」と考えている方もいますが、実際には、良いものではありません。
健康な方の場合は、血圧が下がり過ぎてしまう可能性もあります。
一気に血圧を下げることで、血管や心臓などに負担をかけてしまう恐れがあります。
だからと言って、高血圧で治療を受けている方も、決して安心は出来ません。
ミノタブを使用する際には、まずは、医師に相談しましょう。
 
ミノタブは、肝臓に悪影響を及ぼす可能性がある?
ミノタブは、肝臓に疾患のある方は使用する際に注意が必要だと言われています。
それは、ミノキシジルが、肝臓で代謝されるからなのでしょう。
血管を拡張する作用がある成分なので、若干なりとも肝臓に悪影響を及ぼす可能性はありそうですね。
ちなみに、ミノタブは、肝臓だけではなく、胃、腎臓などの疾患がある方も注意が必要のようです。
ミノタブは、頭皮に塗るタイプの育毛剤とは違って、成分を口から体内に取り入れます。
なので、血液によって、ミノキシジルの成分が、全身を巡ってしまう可能性があります。
濃度の高いものほど、服用に注意が必要です。
 
ミノタブは、なぜ動悸の危険性がある?
ミノタブの副作用として、動悸、不整脈などが挙げられます。
血管を拡張して、血圧を下げること、血行を良くすることは、そんなにも危険な作用なのでしょうか。
実は、ミノキシジルが作用するのは動脈のみで、静脈には作用しないのです。
なので、静脈の血流を増やすことは出来ても、静脈自体の働きは変わりません。
血液が静脈を十分に通ること無く、心臓に戻ってしまうと言うことです。
血管や心臓に負担をかける恐れがあること、心拍数が上がることは、これが原因なのです。
発毛効果を得るためとは言え、血流を薬の力で変えると言うのは、かなり危険が伴います。
 
少しでも副作用を抑えるためには、ミノタブではなく、塗るタイプの育毛剤に!
ミノタブとして、体内にミノキシジルを取り入れることは、まともに全身に副作用を伴う心配があります。
このリスクを少しでも軽減するためには、塗るタイプの育毛剤を使用するのがお勧めです。
塗るタイプの育毛剤なら、頭皮に直接使うので、経口薬よりは負担を減らすことが可能です。
そして、塗るタイプの育毛剤でも、やはり頭皮以外の部位で試して、パッチテストを行った方が安心です。
頭皮は、脳のある部分ですよね。
そこまで重要な器官の無い、腕や足などで試してみるのはいかがでしょうか。
この時点でトラブルを起こしてしまっでも、少なくともこれ以上の被害は防ぐことが出来ます。
 

プロペシアによる育毛は反対です

副作用のない育毛剤

プロペシアの効果と副作用の危険性をご存じですか?
プロペシアの服用はその効果より副作が上回ってしまいます。だから続けるべきものではありません。 私が正しい育毛法をご紹介します。

副作用のない育毛法